株式会社インテグリティ

ブランディング事業

ブランディングとは企業の中で、もしくは社長の頭の中でモヤモヤしている部分表現されていない部分を明確に目に見える形(ヴィジュアル化)にすることで社員・顧客に対して、一貫したイメージを持ってもらえるようなルール化(約束)のことです。

会社が社員及び顧客に対して、私たちはどんな存在で、何をもたらす存在なのか? を明確に言葉やビジュアル、あるいはコミュニケーションで表現しておくことが大切です。
弊社のブランディングは、企業もしくは社長が自らの言葉を目に見える形に落とし込み、自社のブランディングを構築するサービスです。

ブランドができないのはなぜか?

  • ロゴマークを作ったけどただの飾りになっている。
  • ロゴマークはあるけど、会社名(ロゴタイプ)はいつもバラバラのフォントを使っている。
  • ロゴマークを作ったけどその扱い方がわからないし、そもそも扱い方があることすら意識したことがない。
  • 会社の印刷物(会社案内、封筒、名刺など)やホームページ、パワーポイントの資料などに一貫性が全くない。
  • 企業理念はあるけど、ロゴマークとあまり関連性がない。
  • 自信を持って自社を表現できていない。

上に挙げたのはあまりブランドを意識していない企業で起こりがちが例です。

特によくあるのが社長さんが知り合いのデザイナーさんや印刷屋さんに「かっこいいロゴ作ってよ!」と依頼して、確かにかっこいいロゴはできていて社長さんは満足しているですが、それがただの自己満足になっていて自社の社員や取引先、顧客に対して何もメッセージ性もブランドも伝わっていないということです。

大企業より中小企業にこそブランディングは必要

ただかっこいいだけのロゴであれば会社の象徴である必要はありません。

会社の象徴であるならばそのロゴに込められたストーリーや物語性があるものです。
そしてそのストーリーに共感して、社員も、取引先も、顧客も集まってくるのです。

ストーリーのない会社では他社との差別化ができないのです。

そうなると価格勝負になりがちです。

弊社は大企業より中小企業にこそブランディングが必要だと考えています。

市場で勝ち抜くためには、社長の想いや会社の物語を通して独自性を打ち出し、そのストーリーに共感してもらうことで賛同者を増やしていくのです。

ブランディングにはその力があります。

弊社のブランディングはまずヒアリングから始まります。

社長がどのような想いで会社を立ち上げたのか?
会社の歴史の中でどのようなエピソードがあったのか?
どんな社風を持つ会社なのか?

ブランドシートに基づき詳細に会社を掘り下げていくことで、あなたの会社の核になるものが見えてきます。

その核になるものを具象化し、シンボルマークに落とし込んで行きます。
そこから生み出されたシンボルマークはただかっこいいだけはないはずです。
そこにはストーリーが付随しています。

そうして生み出されたシンボルマークだからこそ大切に扱うことができます。
ブランドマニュアルを整備し、シンボルマークの取り扱いを定義します。
もう適当にロゴマークを扱うことはありません。

ブランドマニュアルに則って、ロゴマークを使用することによって、あなたの会社のブランドは守られ、正しいイメージとして広がっていくのです。

ブランディング納品までの流れ

  1. ヒアリング
  2. ご提案及びお見積
  3. ご契約
  4. ブランディングに関するお打ち合わせ
  5. ロゴマークデザイン
  6. ブランドマニュアルの作成
  7. ステイショナリー、会社案内など他のデザイン
  8. 納品
  9. 運用

1. ヒアリング

まずはブランディングのために何が必要かを話し合います。例えば最初からブランド構築をしていくこともあれば、すでにあるブランドをリブランディング(再生)させる必要があることもあります。
またブランド構築に合わせて、名刺や会社案内など他のデザインも合わせて行う場合、どの範囲まで行うかを決めていきます。

2. ご提案及びお見積

お打ち合わせを元に、ご提案とお見積書を提出します。

3. ご契約

ご提案と金額にご納得いただければご契約となります。

4. ブランディングに関するお打ち合わせ

ブランディングについてより詳細にヒアリングさせていただきます。ブランドシートを元に社長の想いや会社のエピソードなどを掘り下げていきます。

5. ロゴマークデザイン

ヒアリングさせていただいた内容を元に、ストーリーを一つのシンボルマークに集約させたデザイン案を提出します。場合によってはシンボルマークはなく、社名をデザイン化したものだけになる場合もあります。

6. ブランドマニュアルの作成

ロゴマークが決まったら、ブランドマニュアルの作成に入ります。ロゴマークをどのように扱っていくのかを定義します。

7. ステイショナリー、会社案内など他のデザイン

ロゴマークから派生する名刺や封筒、レターヘッドなどのステイショナリーグッズや、会社案内、エントランス、看板などのデザインなどを行います。

8. 納品

マニュアルデータやその他デザインしたデータを納品します。

9. ブランドの運用

自社のブランドをどう守り、発信していくかをアドバイスしていきます。例えばウェブサイトでの発信や朝礼での活用、イベントでの活用などです。

弊社に依頼することで得られる5つの恩恵

  1. 社長自身あるいは自社でも気づけなかったような貴社の強みやストーリーが見えるようになる。
  2. ブランドマニュアルが整備されているため、ブランドを守ることができる。
  3. 一度ブランドを構築すれば、その理念やストーリーはずっと残り続けるため、拡張性、発展性がある。
  4. 貴社の強みやストーリーをシンボルマークに落とし込んでいるため、顧客、社員、取引先への説明が理解されやすい。
  5. シンボルマークを中心に全ての企業イメージが統一されているから軸のある会社になり、ぶれることがない。

ブランディングに興味があるとお考えの方からいただいたご質問にお答えします。

Q. すでにロゴマークをあるのですが、その状態でもお願いできるのでしょうか?

A. もちろん可能です。既存のロゴマークを修正することもありますし、既存のロゴはそのまま生かして、名刺や封筒などの他のツールのデザインを変更したり、ロゴマークの使い方を新しく定義し直すこともあります。
いずれにせよ貴社のブランド構築のためにできることをやっていきます。

Q. 簡単にロゴマークだけがほしいのですが、そういった依頼は受け付けていますか?

A. 大変申し訳ないのですがそういったご依頼はお断りさせていただいております。
ブランディングは意識せずロゴマークだけを簡単に作りたいというニーズも多くありますが、弊社が力を発揮できる領域ではないため大変申し訳ないですがお断りさせていただいております。
逆にブランド構築を真剣に考えられているのであればぜひお声掛けください。

お問い合わせはこちらから

いかがですか。ブランディングを真剣にお考えの方はまずはメールもしくはお電話にてお問い合わせください。

047-393-4193
平日10:00-17:00(土・日・祝日を除く)
お問い合わせフォーム
24時間受付